胃の不調から来る口臭

胃に不調から口臭が発生する場合があります。

口臭の原因の一つとして挙げられるが「胃の不調」です。
いくら歯磨きをしても口臭が治らない場合は胃の不調を疑った方が良いのかも知れません。
まずは以下の事に思い当たるかチェックしてみてください。

 

ドブの様な臭いがする

 

タマゴが腐った様な臭いがする

 

雑巾の様な臭いがする

 

以上の様な口臭は口の中から発生するものではありませんので、胃の中から発生している口臭と考えても良いでしょう。
胃から発生する口臭は口の中からのものに比べると強烈なものとなっています。
「いくら歯磨きをしても口臭が治らない」
「さっき歯を磨いたばかりなのにもう口が臭い」
そう感じた場合は胃の不調による口臭を疑った方が良いでしょう。

 

胃の不調による口臭発生のメカニズム
勘違いしている人も多いかも知れないですが、胃の中の匂いが直接、息となって口や鼻から出ている訳ではありません。胃と食道の間にはフタの役目をする筋肉があり、食事をしている時以外は閉じていて胃の中の匂いが外に出ない様な役割をしてくれています。
もしも胃から臭いが逆流するとしたら大変な事になりますよね?ちょっとでも臭いがあるものを食べた場合はそれらが全て消化されるまで臭い息を吐き続けると言う事になってしまいます。
胃の中の匂いが直接息として吐き出されると言う事はあり得ません。

 

それではどうして胃の不調で口臭が発生いてしまうのでしょうか?

 

消化不良が口臭の原因?
胃の調子が悪い時や胃下垂、胃炎などで胃の消化機能が低下していると消化不良を起こしてしまい、普段ならすぐに消化されて腸におくられるはずの食べ物が胃の中にとどまって発酵してしまいます。

 

正常に消化されずに発酵してしまった食物はアンモニア臭など非常に強烈な臭いを発生させてしまいます。この臭いの元である悪臭ガスが血管を通して血液に溶け込んでしまい体中をめぐり、やがて肺にも運ばれてしまいます。
もう分かりますよね?
悪臭ガスが混じった血液が肺に送られれば肺から出される息が臭くなってしまうのは何ら不思議な事ではありません。むしろごく自然な事だと言えるでしょう。

 

餃子などのニンニク料理を食べた時の事を思い出してみてください。
食べた後すぐよりも翌朝の方が口臭がきつくなっていると思いませんか?これは一晩経ってニンニク臭が血液に溶け込んで肺に運ばれたから発生するものです。食べてからすぐは臭いの元が口の中に残っているだけですので歯を磨いたり、ガムなどでごまかすことが出来ますが、消化されてからそばらくは血液から臭いの元が消えるまでは口臭が無くなる事はありません。

 

私が使って効果があった口臭対策グッズ

すぐにでも口臭を何とかしたい!と思っている方は口臭対策グッズを利用してみるのも一つの方法なのではないでしょうか? 私が使用してみて実際に効果のあった口臭対策グッズを紹介してみたいと思います。

効果のあった口臭対策サプリはこちら

効果のあった口臭対策歯磨きはこちら